シェムリアップ(アンコール遺跡)空港から市街地までのアクセス

シェムリアップ(アンコール遺跡)空港から市街地までのアクセス

シェムリアップという地名は聞きなれないかもしれませんが、カンボジアのアンコールワットとかの遺跡がある町の名前です。

日本からの直行便はなく、近くだと、プノンペンやタイのバンコク、ベトナムのホーチミン辺りから飛行機を乗り継いで来る人がほとんどでしょう。

シェムリアップという町はすごく小さくシンプルなので空港からのアクセスもすごく楽です。

なんだか、地方のファミレスみたいな感じですね。

 

カンボジアはビザが必要

ビザが必要になると結構面倒くさいな~、って思いますよね~

ただ、シェムリアップははっきり言ってそこら辺は緩いです。

到着ビザなので現地の空港で簡単に取得できます。

30ドル(USD)4x6cmの証明写真2枚

ただ、今のところ(2018年4月現在)、証明写真は忘れても2ドル払えば免除されます。(撮らないのかい( ゚Д゚))

さっきのファミレスみたいな空港の建物に入ったら、右側に長いテーブルがあるので、

そこでビザ申請書を記入して、その奥で(右奥の並んでいるところ)提出します。

32ドル、パスポート、申請書を渡し、右奥からバケツリレーのようにどんどん左の職員に渡していって、左の方で待っていたら渡してくれます。

ちなみにパスポートは、バーとかでお馴染みの「となりのお客様からです」並みに「シャーッ」って次々に投げていくけど、怒らないでくださいw

シェムリアップでは、アメリカドルだけで十分観光できますが、気を付けてもらいたいのは、シェムリアップでUSDの両替は高くつくので、予め別の場所で両替しておいてから入国した方が良いです。

ちなみに僕は100ドル札で払いましたがちゃんとおつりをくれました(意外と重要)

そしてパスポートを受け取ったら背中側が入国審査です。さきほどの画像から左向いたらこんな感じです。

なので、めちゃくちゃシンプルです。これで、あとは外に出て、タクシーかトゥクトゥクを手配してホテルまで行くだけです。

空港から市街地まで格安で行くなら空港の敷地から歩いて外に出て、トゥクトゥクに乗ろう

もはやこれは東南アジアあるあるですね(笑)

空港まで乗り入れてしまうと空港使用料が発生するので若干値段が高くなりますが、シェムリアップの場合、

  • トゥクトゥクを空港でピックアップした場合は9ドル

  • 空港の外まで歩いてそこから停まっているトゥクトゥクの運転手に声かけた場合は5ドル(交渉次第)

これをお得と考えるかどうかはあなた次第ですが、こういうやり方もあるっていうことです。

もし安全に空港で手配するなら、到着出口を出たらすぐ左にエアポートタクシーサービスカウンターがあります。

 

ここで行先のホテルを告げて料金

  • トゥクトゥクは9ドル

  • タクシーは10ドル

支払ってから出発します。チップは不要です。

僕は毎回トゥクトゥクを利用しますがその理由は、

運転手が必ず営業トークをしてきます。次の日の予定を聞いて、アンコール遺跡に行くならいくらで連れていってやるだのなんだの結構うるさいので、

トゥクトゥクなら走ってしまえば話しかけられることはあまりないけど、タクシーだとずーっと交渉してきます。世間話やシェムリアップのことを聞きたいけど、

どうしても営業トークに持っていかれるので(生活のためだから同情しますが)トゥクトゥクで風の音を聞くことにしました(笑)

空港の職員以外の人があなたに声をかけてきたら無視した方が無難だと思います。ほとんどの人がボッタくって自分のトゥクトゥクに乗せようとします。

シェムリアップの町はすごく小さいし、旅行者が泊まるホテルもそこまで多くないので、空港からホテルまでおよそ20分くらいで着くと考えてよいでしょう。

帰りの便で空港に向かう時にトゥクトゥクに乗る場合は空港の敷地の外で降ろされるかもしれませんが、それも空港利用料を取られたくないからです。5ドルとかで交渉して来たのであれば仕方ないのかもしれませんね。

あ、でも敷地外と言っても、めちゃくちゃ小さい空港なので歩いてもせいぜい50メートルくらいです。

 

海外一人旅の航空券とホテルのお得な情報はこちらをご覧ください。

タクシー、トゥクトゥクなどの交通手段カテゴリの最新記事